she ye,ye























NEW ARRIVAL 4/27 UP DATE 
Valentin Clastrier : La Vielle A Roue De L'imaginaire

古を偲ばせる鉛色の倍音を放つ中世ヨーロッパ伝来のからくりバイオリン『ハーディガーディ』の最も重要な奏者であり、一千年近い歴史を持つハーディガーディの音具としての性能限界をあっさり更新しちゃった男Valentin Clastrier。84年に発表した最初期の一枚。あらゆる部位の振動を自由自在に操る超絶的な技巧に加え、声やホーメイばりの咽喉芸まで駆使して空間を揺さぶる圧巻の独演。ハーディガーディに千年封じ込めらていた響きが一気に溢れだしてくる全13曲収録。この後、より一層先鋭的な86年の『Les Esprits De La Nuit』を経て、Louis Sclavisら最前衛の即興演奏家と合流。大傑作!

LISTEN
180
180 Nyssa Musique : Comme Au Moulin

現在も世界各地の音楽を統合・更新し続ける巨匠作曲家Armand Amar。活動初期にフランスで結成したアンサンブルNyssa Musiqueの85年の自主リリース盤。打楽器を中心に、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、アラブの民族楽器が一堂に会する編成。螺旋を描いて一気に駆け昇っていくようなミニマル調から、残響たなびくドープな即興空間まで、イスラエル生まれモロッコ育ちというこの人のバックグラウンドが色濃く顕れた汎地中海性音楽全8曲。エキゾチックな織模様を縫うように跳動する圧巻のダブルベースは、Francois Rabbathの門弟Renaud Garcia-Fons。大傑作!

LISTEN
A Harvest, A Shepherd, A Bride: Village Music Of Bulgaria

現代音楽レーベルのNonesuchが60年代に立ち上げた、世界の未知音楽探訪シリーズExplorer Seriesに残された一枚。東洋と西洋の狭間で特異な文化を育んだブルガリアの中でも、とくに山村に伝わる古来の民族音楽にフォーカスしたもの。のちにPhilip Koutevによって磨きあげられ、ブルガリアンヴォイスと銘打って世界に紹介されるあの強靱な歌の起源を見るような全12曲。なかでもブルガリアの霊地と云われる、ギリシャにまたがるロドピ山渓に伝わるガイーダと呼ばれるバグパイプの集団合奏は圧巻。しなやかに舞い上がる声とパイプドローンの脳髄を揺らす響鳴に脱魂確実!大推薦盤!

LISTEN
180
180 The Doubling Riders : Doublings & Silences Vol. II

A.T.R.O.Xの首謀者Francesco PaladinoとPier Luigi Andreoniによって結成されたThe Doubling Riders。超大陸音楽集団AktualaのWalter MaioliとのFuturo Anticoでの活動でも知られる電子音楽家Riccardo Sinigagliaが加わり、音楽的想像力、音響性能、共に五割増しで制作された88年の二枚組作品。Pascal Comelade、Christina Kubisch、Roberto Musciといった国内外の異能音楽家もずらり参加して、画家Gustavo Foppianiの夢の迷宮を陰気なユーモアに満ちたタッチ描き出す全21曲。国籍不明のマージナルな響きは、何処でもない音楽を追い求める脳内辺境探検家にもオススメ!大傑作!

LISTEN
Hans Edler : Space Vision

むき出しの電気の煌めきに乗せて陶然と歌い上げる狂気の電子サイケ怪盤『Elektron Kukeso』(71年)が再発されるなど、一部の際物愛好家の間では伝説的存在のスウェーデンが生んだ異形のポップシンガーHans Edler。プレスリーのものまねバンドみたいな活動を経て、ディスコブームにジャズトミートしちゃった79年の作品。とびっきりのマッドネスをきらきらのディスコビートに乗せて撒き散らす『Bang』や『Lady In Black』の他、『Elektron Kukeso』のあのロウな煌めきが頭をよぎる『Melt Down』などなど全8曲収録。ジャケはお部屋に飾ろう!

LISTEN
180
180 Rudi Pirngadie Dan Orkes Tetap Segar

16世紀に来航したポルガル船の船員たちがもたらした西洋・アフリカ・アラブの音楽が、現地の音楽・精神性と交わり生まれたとされるインドネシアの大衆混交音楽クロンチョン。そんなクロンチョンが最も華やいだ60年代の録音。奏者は、ニッポンの民謡までクロンチョン化しちゃうなど、クロンチョンの混交精神を体現した男Rudi Pirngadie。西洋と東洋がトロトロ〜に発酵蜜化したメロウサイケデリックなエキゾアロマ漂う全14曲。ポコポコいってる奇妙な音鳴りは、打楽器を使わずに小刻みに弾く弦楽の掛け合いによって揺れ動くリズムを醸し出すクロンチョン特有の技法によるもの。いい!

LISTEN
Dominique Lawalree : Traces

70年代から80年代にかけて己の精神療法のための日記みたいなレコードを黙々とリリースしたブリュッセル生まれの宅録実験音楽家Dominique Lawalree。自主レーベルWalrusの四番として78年に発表した作品。残した作品のほとんどがピアノやオルガンを用いた神経衰弱気味のミニマル作品ですが、この作品ではそれに加えてテープや電子楽器やガラクタもろもろもを導入。記憶の風景を辿るような淡いタッチのミニマルミュージックから、手仕事感あふれる騒音工作まで、想像の赴くままに綴られた音響スケッチといった趣きの全13曲。シルク刷りの美しいジャケに本人が各曲を詳しく解説したインサート付き。

LISTEN
180
180 Groupe Lo : Ultimatum

Colette Magnyに端を発する、民衆のフォークロアの根っこに寄り添うおフランス名産街角回帰性フリージャズの血脈Groupe Lo。物々しいタイトルも伊達じゃない最後の大花火が記録されている82年の作品。ちびっ子軍団、学生楽団、その他もろもろプロアマしろーとが大仕掛けの舞台上で入り乱れる怒涛の集団絶叫フリージャズミュージカル『Ultimatum』収録!そしてBernard Vieteらも加わった編成によるB面には、三本の映画の為に制作した劇中音楽を、持ち前の奇妙にねじれたアンサンブルで一遍の無景映画仕立てに再構築したものを収録。こちらも掛け値無しの名演。大推薦盤!

LISTEN
Bittova & Fajt : Bittova & Fajt

フォークロアの最深部からインプロヴィゼイションミュージックの根源に切り込む、モラヴィア生まれの異才歌手/ヴァイオリン奏者Iva Bittova。新進気鋭のご当地音楽家を次々に紹介したPantonの『Impuls』シリーズに残した88年の作品。Pavel Fajtの屈強なドラミングで応戦する怒涛のインプロ合戦あり、古い舞踊曲を想わせる異郷の土の匂いに満ちたジャズフォークありの全14曲収録。Fred Frithの映画『Step Across the Border』の劇中で、目覚まし時計を鳴らしながら演奏する様子が映されていた名曲『Periny (Morning Song)』が収録されているのはこの作品。大傑作!

LISTEN
180
180 Henri Guedon : Retour

カリブの土着音楽に世界各地の音楽成分を持ち込む独創的な越境感覚が転じて、国籍不明のナゾナゾ地球外民族音楽を生み出しちゃうマルティニークの異能打楽器奏者Henri Guedon。これはこの人が残した数多くの作品の中でも、最もアフロカリビアン回帰志向が色濃い81年の作品。カリンバや石琴等の民族楽器の音霊宿る調べが綴れ織りになったスピリチュアルなタッチの音響タペストリーから、森の息遣いが聴こえてきそうな密林サウンドスケープまで、カリブ通り越してどっか遠〜い星のジャングル彷徨ってる気分になるコズミックアフロサウンドあれやこれや収録。大推薦盤!

LISTEN
One And Poli : Catch A Bat

Simone SimonsとPeter Boschなる前衛の遊撃手二名が、One And Poliという名前で85年に発表した恐らく唯一の作品。リリースしたのはアムステルダムの名門美術学校Gerrit Rietveld Academieが運営する出版レーベルRietveld Projecten。ふらふら〜っと逸れていく虚けた演奏に、エチオピアの民族音楽やパプアニューギニアの聖笛といった現地録音素材を織り交ぜたホームメイドガラクタ音楽。Rimarimba、Leven Signs、General Strikeといった良質な端境の音楽たちの、あの夢心地と危うさが入り混じる国籍不明の箱庭的ファンタジーにとても近い雰囲気。Simone Simons画伯による装画もグー。大推薦盤!

LISTEN
180
180 Raviv Gazit : Ze

イスラエル産電子音楽の歴史的成果が刻まれた81年のレコード『Israeli Electroacoustic Music (Folkways Records)』を例に挙げるまでもなく、独自性に富んだ電子音楽作品が次々に生み出されていた80年代のテルアビブから登場した電子音楽家Raviv Gazit。88年に発表した作品。シンクラヴィア特有の血の通った電子音に声や具体音を交え、土地の風土や民族性、古楽や伝統音楽のコスモロジーとエレクトロニクスを有機的に結び付けた霊性電子音楽。電子音響でフォークロアの織り模様を細やかに描き出すスピリチュアルなタッチは、イタリアのPepe Mainaなんかを彷彿。ここにも汎地中海的な豊かさが。

LISTEN





Danielle Lemaire


SHOPPING CART

何点お買い上げでも、全国一律送料500円!!
10000円以上お買い上げで送料無料!
お買い上げの商品は一週間までお取り置き承ります。
詳細はコチラよりお読みください。


←クリックでお会計ページへ


SEARCH



NEW ARRIVAL


















お問い合わせ、コンタクト CONTACT(SSL対応)

Feeds

RSS - ATOM

SHE Ye,Ye