she ye,ye
































NEW ARRIVAL 6/22 UP DATE 
180 Valentina Ponomareva + Sofia Gubaidulina : Terra Incognita

大陸古来のフォークロアを呑み込む旧ソビエト連邦タタール自治共和国出身の異能作曲家Sofia Gubaidulinaと、同じく大陸古来のシャーマニズムをディープに体現するイタコ歌唱スタイルで異彩を放ちまくった怪物歌手Valentina Ponomarevaという、現代ロシア音楽界の二大魔物が繰り広げる異次元音響儀式の模様が収録された91年のレコード。Mark Pekarsky率いる打楽器アンサンブルから繰り出される呪術的な律動も相まって、ただ事じゃない雰囲気の超常音場を醸し出している逸品。Valentina Ponomareva様の顔面ジャケシリーズは並べて飾れば厄除け効果も抜群。大推薦盤!

LISTEN
Robert Ashley : Private Parts

実験音楽の最前衛から、20世紀アメリカを象徴する大衆娯楽であるテレビに接続したり、有象無象入り乱れるNY下町の対抗音楽シーンに接続したりと、ヒップな創造力に満ちた80年代狂騒のNYを先導し続けたRobert Ashley。代表作のひとつに挙げたい78年の作品。ピアノ、シンセ、タブラの問わず語りな即興的伴奏に乗せて自前の詩をぼそぼそ呟くという、ただそれだけの名演。ソウルフルに響く魅惑的な声のトーン、淡い光の印象に包まれた宅録調の親密な雰囲気、それらがなんとも云えない穏かな心地よさを醸し出している極上の音浴空間。Arthur Russellの宅録ワークスを思い出す人も多いはず。

LISTEN
180
180 V.A. : Nigeria III Igbo Music

ナイジェリア南東部に多く住むイボ族(イグボ族)の音楽を収録した一枚。内戦によって伝統文化の多くが失われてしまう前の63年に遡る貴重な録音。特に、南部エヌグ州オビボ村で行われる『Ikorodo』と呼ばれる仮面舞踏儀式の模様を捉えた音源は、眺めてるだけで音楽が溢れ出てきそうな充実の写真資料も併せて人類音楽遺産級の貴重なもの。試聴は、ボウル状の果皮の共鳴胴を備えるOgwumeと呼ばれるムビラを操る老楽師の独演から。つくねんとした歌心に打たれる名演。続いて、ひょうたんホーン隊の自由過ぎる即興の掛け合いがあと引く仮面舞踏儀式の一幕。大推薦盤!

LISTEN
Giebel-Nett Duo / Giebel-Heyn Duo: Wetter Weiter Sommerlich

ドイツのローカルジャズシーンから登場した電子ピアノ奏者Reinhard Giebel。Wolfgang Heynなる謎のマルチ奏者とのデュオと、Jazzduo Giebel-Nettとして二枚の自主盤を残しているサックス奏者Dieter Nettとのデュオを、それぞれDisc1/Disc2に収録した90年の二枚組。これも自主レーベルから発表されたもの。所謂インプロとかフリージャズとはなんか違う、ユル〜くぶっ壊れてる底抜けな脱線路線。特に、間の抜けた電気づかいに謎のがらくたギミックも投入されるDisc1のあと引く味わいがグー。ジャズのお作法というか語感は残すこの稀なバランス感覚は、前二作品も同様。大推薦盤!

LISTEN
180
180 Tony Schwartz : Millions Of Musicians

テープレコーダー片手に街の喧騒や路傍のミュージシャンたちを録り歩いたTony Schwartz。50年代NYの雑踏の中からMoondogを見出したのもこの人。Folkwaysに残したこの54年の作品も、都市環境を彩る名も無い音楽家たちにマイクを向けたもの。音楽といっても、大道商人、花売り、靴磨き、新聞売りといった、マンハッタンの路上の物売り口上から、路傍の打楽器パフォーマンス、青果市場の競り言葉、タクシーの運ちゃんの鼻歌(現金箱の指ドラム入り)、路地裏から響いてくる子供達の遊び歌、クリスマスに響き渡る工場時報まで、都市の息づかいが聴こえてくる街角よろず音楽といった趣き。大推薦盤!

LISTEN
G. B. Beckers : Walkman

ドイツの画家/作曲家Günther Beckersが82年に発表した自主制作盤。80年代ヨーロッパの都市の風土そのものといった感じの陰りを帯びたギターの響きで綴られた一枚。試聴は、静々と刻むリズムマシンと深くリヴァーブの掛かったアタック音が静けさを一層際立たせている表題曲『Walkman』から。続いて、揺れ動くリヴァースサウンドに女の虚ろな歌が重なる『Vollmond』。ジャケは、カンバス状に敷き詰めてなにやら巨大な抽象画を描いたものと思われますが、本品はその余白の部分だったようで、手描きのエディションとスタンプの他は所々にわずかな水彩の滲みが見られるのみ。家宝にどぞ。

LISTEN
180
180 A Cage Went In Search Of A Bird (An International Compilation)

80年代英国中部の地方都市ネットワークから欧州各地を結ぶ宅録実験の地下水脈にスポットを当てた、85年の二本組カセットコンピ。制作は、英国ローカル地下シーンを先導し続けるAlanとSteveのFreeman兄弟。Alto Stratusをはじめとするいくつかのセルフ企画の他、お隣りウェールズからはKevin O'Neill、DDAAら近隣国の宅録代表選手、さらにPeter FrohmaderやConrad Schnitzlerといった70年代クラウトロックレジェンドを交えた、全22組2時間半に及ぶ壮大なスケールの電子音響絵巻。Dark Star版に次いで、後継のAuricleから86年にリリースされた2ndエディション(#371/600)。大推薦盤!

LISTEN
African Journey - A Search For The Roots Of The Blues

ブルースの名盤を数多く残した米Vanguardが、そのルーツを求めて西アフリカ諸国の民族音楽や黒人霊歌を録り歩き、二枚のレコードにまとめた75年作。民俗学的フィールドワークとは異なる視点がミソ。目玉は、ジャケにも起用されている民俗衣装姿のブラス隊による葬式パレード。ジャズ、軍隊パレード、教会音楽その他もろもろがなんとなく消化された西洋式の脱力ブラス隊×ずんどこアフロ太鼓隊という、大雑把すぎる異種混交の構図にぐっとくる一幕。音楽と同時に、人々や自然の営みを捉えた音楽紀行仕立ての構成もいい感じ。試聴最後は、村の教会で降りしきるスコールの雨音と共に録音された霊歌。

LISTEN
180
180 Lena Platonos + Savina Yannatou : 13 Songs

地中海文化の最奥に迫る伝統復権活動を経て、欧州最前衛の即興音楽シーンまでずず〜いと横断していくSavina Yannatouと、この魔術的な音響づかいに磨きをかけてさらなる実験へと向かっていくLena Platonosという、ギリシャの異能乙女コンビによる初期実験歌謡期の82年作。ギリシャの詩人Kostas Karyotakisの詩を歌にした全13曲。まずは、ミニマルなタッチで綴られる電子室内楽調の一曲から。ぼんやりと発光浮遊する甘美な揺らぎにうっとり…。際どい情緒が漂う怪盤揃いの二人の共同作品ですが、なかでもこれは一線越えて向こう側に逝ってしまってる感じ。大推薦盤!

LISTEN
The Gordian Knot : A Gordiuszi Csomo

ブダペスト発の特異な実験音楽シーンを導いたTibor Szemzőによって90年代に結成され、鬼才映画監督Péter Forgacsとの映画×音楽の複合メディアワークスでも起用されていた不定形楽団Gordian Knot Company。これが最初期の作品となる96年の自主制作カセットテープ作品。スリーヴはもともと無く、透明ケースにサインと思しき手書き文字が記されているのみ。Tibor Szemzőの作品で度々現れる仏教のモチーフが塗り込められたサウンドスケープ仕立ての電子音楽から、バンド編成による高次のジャズ進化実験まで、全6曲を収録。ご本人宅で発掘されたデッドストック少量入荷!大推薦盤!

LISTEN
180
180 Thomas Hamilton : Pieces For Kohn

Robert Ashelyと共に実験音楽の最前線とNY下町の対抗音楽を結びつけ、80年代NYを象徴するとびきりヒップなシーンの興隆に大きく関与した電子音楽家Tom Hamilton。その先駆けとなったロフトジャズ×電子音楽な名作『Formal & Informal Music』も残されている自主レーベルから発表した75年の1stアルバム。この印象的な装画を描いた画家Bill Kohnの展示の為に制作された作品。試聴は、淡い揺らめきに包まれる極上の電子音浴『Modhera』から。David Behrmanあたりも大いに影響されたと思われる、血の通った電子音の人肌な質感が心地よすぎ。ジャケはお部屋に飾ろう!大推薦盤!

LISTEN
V.A. : The Negrito Of Malacca

マレー半島北部の森林地帯に住む先住民族ネグリト族の音楽を収録した現地録音盤。マラヤの先住民族というと、『夢』と密接に結びついた生活を営むセノイ族が知られますが、このネグリト族もまた、夢の世界を自在に行き来するという異界の住人。そんなサイキックな呪術儀式を捉えた貴重な一枚。主に60年代に録音された音源(中には20年代の蝋管音源も)を収録。試聴は、竹筒打楽器の反復リズムに乗せて、夢づかいの術者が自身の見た夢を即興で歌にしているひと幕。続いて、原始的な竹筒ツィターとフルートの合奏。未知音楽探求者は必聴の独Musicaphon東南アジア秘境探訪シリーズより。人類音楽遺産!

LISTEN
180
180 Folk and Traditional Music of Asia for Children

アジア太平洋地域に学びの輪をひろげるべく70年代のニッポンに創設されたユネスコ・アジア文化センターと東京藝術大学によって、76年に世界の教育機関向けに制作された音楽教材レコード。アジアの国々で録音された、童謡や遊び歌など、地域それぞれに特徴のあるちびっ子の為の音楽を三枚のレコードに収録。童謡を童謡として並べるだけじゃなく、南インドのジャルタラング(どんぶり打楽器)まで持ちだすなど、ちびっ子の知覚をくすぐる仕掛けも盛り沢山。Carl Orffの教育音楽作品集『Musica Poetica』をアジアに置き換えたらこんなだったかも。美しいグラフィックデザインは杉浦康平。大推薦盤!

LISTEN
Fondation : Metamorphoses

Alvin Curranらによって創設された騒音一座Musica Elettronica Vivaの第二期を受け継ぎ、MEV異色の傑作『Leave The City』を企てた人物であり、仏産電子サイケ最深部Spacecraftの首謀者、さらに仏地下音楽シーンの異能が集結したDelired Cameleon Familyの主要メンバーという、凄まじい経歴をお持ちの異才Ivan Coaquette。その妻との幻の実験音楽ユニットFondationの80年の自主カセットテ−プ。五感にじわ〜っと沁みわたってくる魔術的な電子音づかいに圧倒されっぱなしの一時間。まずは、厚く立ち込める響きの雲にどっぷり身を沈めたい激ドープな一曲から試聴どぞ。大推薦盤!

LISTEN
180





 Experimental Musical Instruments


SHOPPING CART

何点お買い上げでも、全国一律送料500円!!
10000円以上お買い上げで送料無料!
お買い上げの商品は一週間までお取り置き承ります。
詳細はコチラよりお読みください。


←クリックでお会計ページへ


SEARCH



NEW ARRIVAL















お問い合わせ、コンタクト CONTACT(SSL対応)

Feeds

RSS - ATOM

SHE Ye,Ye