she ye,ye































NEW ARRIVAL 1/20 UP DATE 
180 David Rosenboom : On Being Invisible

瞑想状態の脳波から抽出した電子音を再び脳に還元することで生成される、生体とエレクトロニクスを環状に結ぶ無限フィードバックサウンドを『脳波の音楽』と銘打って発表した電子音楽家David Rosenboom。これも脳波を組みこんだ独自のコンピューターシステムを用いた、トロントのMusic Gallery Editionsでの77年のパフォーマンス。75年の『Brainwave Music』で聴かれたあの巧みに制御された陶酔的なサウンドとは打って変って、エンドレスに押し寄せる痙攣パルスの無限フィードバック攻撃に脳波が乱れのたうつ『脳波の音楽 暴走編』。これはぜひとも巨大音量で…。大推薦盤!

LISTEN
V.A. : Lidova Hudba Afriky

きめ細かなフィールドワークに裏打ちされた極めて高品位の現地録音盤を数多く残した独Bärenreiter-Musicaphonによる、UNESCO協賛シリーズ『An Anthology of African Music』。希少盤も多いこのシリーズから編集された三枚組ボックス。制作/編集は旧チェコ国営Supraphon。ナイジェリアのObatiなるリードの奇妙な伴奏に乗せてリズミカルに言葉を刻む男、ピグミーによるポリリズムと声の妙技、ソコトのスルターンの為に演奏される巨大ラッパの勇壮な集団合奏などなど、貴重音源盛りだくさん。36ページに及ぶブックレットはチェコ語のみですが、美しい写真満載で見応え有り。大推薦盤!

LISTEN
180
180 Hot Normandie (Vingt Quatre Orchestres de Haute-normandie)

仏北西ノルマンディーのローカルジャズシーンを紹介した86年の二枚組コンピ。まずはここに収録の驚きの一曲『Ugly Duck' Song』から。特色ある土地土地の風土を栄養源に、世界でも稀に見る個性豊かな進化を辿った仏産ポストフリーですが、その片隅でここまでの高みに到達している人達がいたとは…。正体は、ル・アーヴルの振付師Philippe Trehetの作曲チームとして活動した知られざるローカルグループMagasiniers Du Courant D'Air Sale。背後を淡い揺らめきの絨毯で覆っているムビラは、Saravahに残した傑作『Maté/Vallancien』で知られるあのPhilippe Maté。世にも豊饒な音楽空間。大推薦盤!

LISTEN
Jina Rychlost Casu : Hvezdna Mapa (Astral Map)

伝統と古典の古層に深く根を張る旧チェコ発の地下音楽シーンから現れた異能フォークシンガーOldřich Janotaが率いた、幻の楽団Jiná Rychlost Času。湿原に打ち込まれた5000本もの楢の木杭の上に建造された、ボヘミア有数のゴシック石像建築プラスィ修道院の大礼拝堂に於いて、92年に録音された作品。CD版と同時発売されたカセットテープ版。伝統も現代も呑み込む響きの探求と千年の悠久を刻むこの特異な歴史的建造物固有の空間性とが相交わり、時空を超える四次元音場が出現している圧巻の内容。メンバーには前衛パフォーマンス集団ŽenyのZdeněk Novákも。大推薦盤!

LISTEN
180
180 Peter Westheimer : Move

個性派が揃う80年代メルボルンの地下シンセウェイヴシーンを出発点に、ヴィデオアートや絵画といったマルチメディアに渡る創作へと活動を拡げながら、ある時は再生エネルギー計画を推進する政治家として、またある時は医師として、表現視野を拡張し続けている怪人Peter Westheimer。85年の1stアルバム。ポストパンクやミニマルミュージックを持ち前の音響感度で練り合わせ、国籍不明のエキゾ風味で味付けした宅録シンセポップの変種。仏のRamuntcho Mattaあたりを彷彿とさせるフェイクな都市的エスノ感覚も。昨今もこの1stを基にした編集盤がリリースされるなど目下再評価中。大推薦盤!

LISTEN
V.A. : Ienac Ausis

副題の英訳は『Latvian Avant-Garde Bands』。旧ソ連邦の改革に伴ってラトビアの地下シーンから浮上してきたグループを紹介した90年のコンピ。まずは、美術家、建築家、ミュージシャン、ファッションデザイナー、役者らによって結成され、マルチメディアに渡る謎めいたパフォーマンスを繰り広げた怪物グループNSDRのエグいミニマルエレクトロから。作品の殆どが自主制作のオープンリールテープばっかりで入手は極めて困難なだけに貴重な一曲。その他、Jumpravaのフロントとしても知られるAigars Grāversの音響的嗜好が色濃く顕れている実験ユニット2-atā他、全9組を収録。大推薦盤!

LISTEN
180
180 Zeny : K Smrti Vylekan

80年代プラハの路上やカフェテリアを舞台に、意味不明のリズミカルな宣言や音韻詩の即興といったダダイスティックな音声パフォーマンスを繰り広げていたZdeněk NovákとMartin Chouraの活動を出発点として、そこに集まってきた様々な音楽背景を持つ演奏家たちを取り込みながら、ドぎつい毒とユーモアに満ちた唯一無二の音楽演劇へと進化していった前衛パフォーマンス集団Ženy(女性の意)。ジャケも含めて物議を醸した92年作。要のZdeněk Novákは、その後チェコフォーク音響派Oldřich Janotaとも繋がる人物。真顔で迫ってくる不敵なフリーキーさに加えて、味のある歌心を滲ませる一幕も。大推薦盤!

LISTEN
Skirmanto Sasnausko Dziazo Kvartetas : Giesmes Vaikams

Ganelin Trioの活躍によって旧ソ連邦下に於ける即興実験の最前線地となっていた80年代リトアニアのフリージャズシーンから現れた鬼才Skirmantas Sasnauskas。伝統の響きやフォークロアといった、自然崇拝と異教神話が育んだリトアニア古来の精神風土と結びつける独自のスタイルを模索する中で発表された、その最初の成果となる90年の名盤。ジャズアンサンブルにスクドゥチャイと呼ばれるリトアニアの伝統管楽器(パンパイプの一種)を含む編成。まずは、奥深いバルトの森を連想させる馥郁とした陰影の空間『Giesmės Vaikams(Song For Children)』から。ジャケも秀逸。大推薦盤!

LISTEN
180
180 Vox Populi! : Ectoplasmies

脳内辺境探検家のみならずアンビエント求道者も惹きつけて止まない、謎と神秘に満ちた仮想儀式空間の住人Vox Populi!。Pierre Jolivet(aka Pacific 231)の自主レーベルに残した83年の33回転ミニLP仕様の七吋盤(全8曲)。希少な自主盤ばかりの80年代の作品の中でも極めて貴重になっている最初期作のひとつ。まだAxel Kyrouの単独ユニットで、後にこのグループを人跡未踏のエキゾ沼に導くイラン人マルチ奏者Arash Khalatbariも未加入。とは言え、五感にざわざわと触れてくるあの音響づかいはすでに異次元レベル。ミニマルシンセ風の曲調もこの人の手に掛かるとぐっっとドープな味わい。大推薦盤!

LISTEN
Mme Dupuits : Folklore Guadeloupe

19世紀ヨーロッパで流行したダンスの様式に、アフリカ由来のリズムとカリブの風土が混合されたクレオール舞踏『カドリーユ』。植民地主義や奴隷制に連なる文化として廃れた地域もあるそうですが、ここで聴かれるのは古今東西呑み込む未分化の貪欲なエネルギーと下町風情にあふれる黄金期のカドリーユ。60年代グアドループ島で録音された一枚。聴き処は、形式化された現在のカドリーユでは聴かれない、創意に富んだ即興で軽妙なグルーヴを醸し出しているヴァイオリン(現在はアコーディオンが主流)。なんだかいぃ〜湯加減なチャカポコ感も有り。ジャケのアートワークもいい感じ。大推薦盤!

LISTEN
180
180 V.A. : Lidova Hudba Arnhemske Zeme

モラヴィアの考古人類博物館アントロポスの協力のもと、オーストラリア北部のアーネムランドで69年に約4ヶ月間に渡って行われたアボリジナル現地録音調査の成果を、旧チェコスヴァキア国営Supraphonで77年にレコード化したもの。録音は人類学者Miroslav Prokopec博士。闇夜に浮かび上がるジャケの佇まいからして只ならぬ妖気を放っておりますが、音のほうも激ドープ。まずは冒頭10分間に渡って収録されているポートキーツでの貴重録音から。リズミカルに跳ねるブ厚い倍音のうねりに鋭く差し込むクラップスティックビート。儀式での鬼気迫る表情を捉えた写真も圧巻なブックレット完備。大推薦盤!

LISTEN
Bilal Abdurahman : Sound, Rhythm, Rhyme & Mime for Children

40年代から70年代にかけて、ブルックリンのブラックムスリムコミュニティーを中心とするジャズシーンで活動する傍ら、ある時はアフリカの音楽や文化を紹介する文化大使として、またある時はニューヨーク市の公立学校の教師として、若者の文化意識の向上に貢献したBilal Abdurahman。その教育プロジェクトの一環として立ち上げた民話ワークションプの生徒たちと創り上げた71年の作品。民族楽器のほか、トンカチ、ノコギリ、扇風機まで登場する楽しい音遊びの模様を収録。何処をとっても底抜けでぽんこつな味わいに満ちていて、アフロトイミュージックとしてもうこれ以上無いってくらい最高の内容。大推薦盤!

LISTEN
180
180 Christian Marclay : Guitar Drag

70年代にヒップホップとは全く別の文脈で楽器としてのターンテーブルを再発見して以降、レコードや楽器の物質的概念を覆す異端的パフォーマンスを繰り広げてきたChristian Marclay。06年の映像作品のレコード版。トラックの荷台に鎖で括られた黒人男性が引き回されて殺害されるという、98年のテキサスで実際に起きた残忍な憎悪犯罪へのむき出しの抗議。荷台に搭載したスピーカーから増幅放射される、被害男性に擬えた電気ギターの絶え間ない絶叫と生々しい破壊音。スウェーデンのNeon Galleryによって1500部のみ制作されたブツ。映像作品と併せて新年早々トラウマ確実。

LISTEN
Shri Emani Shankara Sastry : From Instrumental Music Of India

琵琶の遠い祖先にあたるインドの伝統楽器ヴィーナの人間国宝級マスターであり、国内外で数々の栄誉に輝く南インド古典カルナータカ音楽の巨匠Emani Shankara Sastry。旧ソビエト連邦ウズベキスタンの古都サマルカンドで78年に行われた国際音楽シンポジウムでの名演を、旧ソ国営Melodiyaで80年にレコード化したもの。インド音楽の仙人クラスともなると演奏に動物が寄ってくるそうですけど、この豊饒な音楽空間にも終始寄り添うように唄う小鳥たちの姿。穏かな光に満ちた音場を五感で感じることができる逸品。なんとなく正月っぽいので今年のレコード初めはこの一枚から。大推薦盤!

LISTEN
180





 Experimental Musical Instruments


SHOPPING CART

何点お買い上げでも、全国一律送料600円!!
10000円以上お買い上げで送料無料!
お買い上げの商品は一週間までお取り置き承ります。
詳細はコチラよりお読みください。


←クリックでお会計ページへ


SEARCH



NEW ARRIVAL


お問い合わせ、コンタクト CONTACT(SSL対応)

Feeds

RSS - ATOM

SHE Ye,Ye