she ye,ye

































NEW ARRIVAL 1/17 UP DATE 
180 Kanaouennoù Ha Rimadelloù Ewid Ar Vugale

ジャズモードや現代音楽の響きの作法に接続されたブルターニュケルトフォークの新次元を拓いたハープ奏者/作曲家Kristen Noguès。その活動拠点となって数々の名作を生み出したレーベルNevenoeを離れ、ブルターニュ固有の言語、文化、歴史の教育と普及に取り組むご当地出版社から発表された子供向けシリーズの一枚となる、79年の希少七吋盤。ブルターニュケルトの風土が匂い立つ美しいフォークソングから、夢見な味わいの掌編まで、伝統的な歌、わらべ歌、童話、子守唄のモチーフが散りばめられた全16曲。ジャケは、挿絵もかわいいソングブック仕様。大推薦盤!

LISTEN
Sea Organ

アドリア海を臨むクロアチア西部の都市ザダルの海岸に設置された"海のオルガン”の響き。戦後の荒廃によって、コンクリートだらけの殺風景な景観になってしまった海岸の再設計計画の一環として、優れた都市環境デザインを数多く手掛けている建築家Nikola Bašićによって考案されたもの。打ち寄せる波の力で押し出された空気が、大理石の階段内部に設置された35本のパイプを吹き鳴らすというシンプルな仕掛け。まるでクジラの鼻歌か地球のあくびといった趣きの牧歌の極致。天候、潮位、船の航行によっても表情を変えるのだとか。録音は、英国のソングライターMiles Copeland。大推薦盤!

LISTEN
180
180 La Nuit Protege Les Enfants

仏南西部の都市ボルドーの文化評議会後援のもと、地元の小〜中学生総勢200名が参加して録音された88年作。仕掛け人は、本盤にも参加しているギター奏者Philippe Cauvinと共にボルドーの地下ロックシーンで頭角を現し、80年代にかけてちびっ子向けの教育用ダンスレコードなんかも発表しているシンセ奏者/作曲家Serge Korjanevski。星空をひろげたようなシンセの煌めきにちびっ子コーラスが重なる、学童ミュージカル仕立てのミニマルシンフォニー。よりディープなリスニングにはB面のインスト版(教材用?)を。Christophe Petchanatz(ex Klimperei)との最近の共演作も要チェック。すごくいい!

LISTEN
The Music Of The Senufo

固有の言語、死生観、精霊信仰などに基づく独自の文化を持つ、西アフリカ(コートジボワール北部・マリ南部・ブルキナファソ南西部)の先住民族セヌフォ人採訪。録音は、ピグミーやソロモン諸島先住民族の神秘のポリフォニーを世界に紹介した民族音楽学の大家Hugo Zemp。バラフォンや木管ラッパによるポリリズムの坩堝といった趣きの集団合奏や、ポロと呼ばれる結社によって執り行われる成人儀礼の際の仮面舞踊の音楽のほか、水を張った大きな器にひょうたんを浮かべて打つユニークな楽器の演奏、巨大なひょうたんの共鳴胴を持つ一弦ベースの響きなど、他では聴けない貴重音源も。人類音楽遺産!

LISTEN
180
180 Breaking Cover

美しい海岸線で知られるイングランド南西端の景勝地コーンウォールを拠点に活動するギター奏者Mazlyn Jones。豊かな自然環境に育まれたオーガニックなソングライティングによって、ニューエイジの文脈からも再発見されている人物。創作楽器や音響彫刻を用いたサウンドパフォーマンスを展開する打楽器奏者Guy Evans(ex Echo City/Van Der Graaf Generator)とは長年に渡る共演パートナーであり、これが両名にとって最初の共演作となる82年作。リリースは、現在も続く自主レーベルIsle Of Light。水彩を滲ませるような透明感のあるタッチに、持前の風通しのよい歌心が映える全9曲。大推薦盤!

LISTEN
Music Of Mali

マリの音楽となっていますが、一曲のみ収録されているトゥアレグの吟遊詩人の音楽の他は全て、宇宙からやってきたシリウス星人を人類の祖とする、現代の天文科学と古代伝承とが四次元交差する驚異の宇宙創世神話で知られるドゴン族の録音。人類学者W. Gurnee Dyerらによって録音された66年のレコード。中でも圧巻なのが、両面に渡って収録されているドゴンの葬儀音楽。葬儀といっても、どてっ腹に響くドラミングの応酬と角ホルンの野太い咆哮に覆い尽くされた、ほとんど祭り状態の狂熱的な騒がしさに満ちた集団トランス儀式。むき出しで迫ってくる怒涛の臨場感。大推薦盤!

LISTEN
180
180 Shusaku & Dormu Dance Theater

音楽の進化の歩みとはパラレルに、舞台という特異な環境下で独自の進化を辿る80年代舞台音楽の尖端。廃鉄工所や遺跡などを舞台にした大規模な作品も発表している振付師竹内秀策によってオランダで旗揚げされたダンスカンパニーの84年の自主制作盤。作曲は、ダンスやマイムといった身体表現における伴奏音楽の探求を経て、現在は身体言語の専門家としてコミュニケーション科学の最前線で活動している異才Gerard Stokkink(ex Oblique)。磨き上げられた響きの美学に圧倒される極上のミニマルエレクトロ全11曲。同国即興実験の最前衛に食い込む打楽器奏者Alan "Gunga" Purvesが参加。大推薦盤!

LISTEN
Suara - Environmental Music From Java

アジア、とりわけインドネシアの音楽文化に精通し、ビクトリア大学やインドネシア音楽芸術アカデミーで教鞭を執りながら、異文化の接触と混交に着想された作曲に取り組んでいるニュージーランドの作曲家/民族音楽学者Jack Bodyによる86年作。自作の玩具楽器で子供を呼び込む駄菓子売りの行商人の演奏や、街角から聴こえてくる大衆音楽、愛玩鳥が自慢の喉を競う市場の風景など、ジョグジャカルタの都市の営みを素材にしたサウンドスケープ仕立てのエレクトロアコースティック作品。同地の名も無い路上の行商楽士たちの音楽を録音した名盤『Street Musicians Of Yogyakarta』もこの人の仕事。大推薦盤!

LISTEN
180
180 Music For Sale - Street Musicians Of Yogyakarta

ジョグジャカルタの行商楽士たちの音楽を録音した82年の名盤。Original MusicやMississippi Recordsでも再発された名盤ですが、始まりはニュージーランドでローカルリリースされたこのHibiscus盤。録音は、インドネシアの音楽文化に精通する民族音楽学者であり、東西の音楽文化の交配実験に取り組む作曲家でもある、ニュージーランド現代音楽の重鎮Jack Body。木箱に張った輪ゴムを爪弾く女、ギター小脇に軽妙な歌声を響かせる少女、伝統の舞踊劇を演じる一家総出のシトゥラン一座など、ジョグジャカルタの路上を彩るよろず音楽の数々。街角の息づかいが聴こえてくるような臨場感あふれる録音も見事。大推薦盤!

LISTEN
Tu Whit, Tu Whoo

異文化の往来に磨かれた汎地中海性の豊饒なクロスオーヴァー感覚をもりもり感じることができる逸品。ダンス、演劇、映画(Maya Derenの映像との共演も)といったマルチメディアに接続されたパフォーマンスを繰り広げ、現在までに4作品を発表しているイタリアのグループTu Whit, Tu Whoo。メンバーは、フルート奏者Stefano Benini、打楽器奏者Sbibu、ギター奏者Enrico Terragnoli。89年の1stアルバム。国籍不明のエスノ成分が溶け込んだマージナルなサウンドに、アンビエント経由の熟成された静寂の作法が薫り立つような陰影を添えている全9曲。80年代地中海ジャズ進化実験の最深到達点。大推薦盤!

LISTEN
180
180 Nayuta

ニッポン各地から集まった民芸・工芸の探求者たちによって70年代の佐渡島で旗揚げされた鬼太鼓座を前身として、80年に結成された和太鼓集団"鼓童"。その現在のメンバー、住吉佑太と中込健太による別働グループの2021年作。林英哲らも参加して革新的な拡張実験を繰り広げた鼓童初期の実験精神が、磨き上げられた技術、探求心、そして数世紀に渡る異文化の集積地としての佐渡の特異な音楽風土と結びつき、力強くアップデートされている圧巻の内容。民族楽器、自作の創作楽器、さらに里山の風景や日本海の荒波といった土地の環境も丸ごと取り込んだ、イメージ揺さぶるイマジナリーエスノの極致。大推薦盤!

LISTEN
Dry Lungs II

インダストリアルミュージックの枠を超えて、電子音響実験の進化と変遷を隅から隅まで体現した巨星Controlled BleedingのPaul Lemosの選曲による名物コンピシリーズ『Dry Lungs』。86年の第二弾。あらゆるスタイルを呑み込む同氏の分類不可能な活動ぶりそのものといった感じの闇鍋的セレクト。試聴は、なんだか淡いもんが込み上げてくるSevered Headsのレアトラックから。トライバルな寸断ブレイクビーツの応酬は、響きの求道者Jeff Greinke。その他、Un Drame Musical Instantane、Asmus Tietchens、Jarboeといった周縁音楽界の最前衛を含む総勢13組を収録。大推薦盤!

LISTEN
180
180 The Uncle Of The Boot

世界各地に点在する潜伏音楽家たちの活動を繋ぐ80年代メールアートネットワークの前線拠点のひとつである、西ドイツの地下カセットテープレーベルDatenverarbeitung。魔界のスターJohn Balance(ex Coil)とのコラボレーション(本作にも作詞で参加)でも知られる、英国発のグループCultural Amnesiaの三作目となる83年作。過剰ブースト気味のロックの残骸とポストインダストリアル経由の歪み果てたミニマリズムとが反応している全11曲。スリーヴを兼ねるブックレットに直にテープが挟まっている、このレーベルお得意のカセットマガジン風の装丁もすてき。大推薦盤!

LISTEN
Ancient Voices

タオの思想に基づく瞑想、気功、呼吸を通して心身を癒す『音響風呂』なる音浴どっぷりセラピーを実践している英国の占星術師/画家/サウンドセラピストJeanne Hampshire。96年の自主制作カセットのオリジナルデッドストック。プロデュースと音響面を預かるのは、隠れた名盤『Breaking Cover』がニューエイジ/アンビエントの文脈からも再発見されている、シンガーソングライターMazlyn Jones。インド古典声楽をはじめとする古今東西の音楽・歌唱法が統合された、内なる世界を巡る壮大な旅仕立ての全8曲。何処までもひろがっていく見晴らし良好な響きの眺望も圧巻。大推薦盤!

LISTEN
180
180 For Amusement Only

ベルギーにおけるポストミニマルを代表する作曲家のひとりWim Mertensのグループ名義Soft Verdict。同作曲家の最も実験的な作品であり、クレプスキュールの中でも異質な存在感を放つ82年作。コンピューター制御のピンボールマシンの電子回路に侵入し、その内臓音源チップで生成される電子音のみを素材として制作された、チップチューンのご先祖様とも云えるハッキングミュージック。ひずんだ電子音がぞわぞわ蠢くサイコドローンだったり、お馴染みの効果音が正体不明の怪シークエンスとなって連なる原始テクノだったりの全8曲。レコード版と同年発表のカセット版。大推薦盤!

LISTEN
パーセル最後の曲集

バロック時代イングランドの作曲家Henry Purcellの『組曲第2番ト長調』を基に、ピアノ、チェレスタ、チェンバロ、クラヴィコード、電子楽器の即興的自演と緻密なリミックスワークによって生み出された、75年発表のイマジナリーバロック音楽。16チャンネルに分解録音された、それぞれ異なる空間性を持つ不揃いな爪弾きの断片を、まるで精巧な透かし絵を描くように磁気テープ上で多重モンタージュしているテープミュージックの変種。知覚を揺さぶる幻惑的な立体音響効果も相まって、時空を彷徨うような甘美な味わいを醸し出している名演。渚の環境音に溶けていく終盤の余韻も夢見心地。大推薦盤!

LISTEN
180





 Robert Minden Ensemble


 Everithing POSH


SHOPPING CART

何点お買い上げでも、全国一律送料600円!!
10000円以上お買い上げで送料無料!
お買い上げの商品は一週間までお取り置き承ります。
詳細はコチラよりお読みください。


←クリックでお会計ページへ


SEARCH



NEW ARRIVAL


お問い合わせ、コンタクト CONTACT(SSL対応)

Feeds

RSS - ATOM

SHE Ye,Ye