she ye,ye


















前のページへ    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 |    次のページへ
Port Said : Indian Ocean, Voyage 2

0円(税込)

とことん手作りなむき出しの電子音工作に、勘違いと偏見で歪曲した脳内エスノ風景が反応している謎めいた作品を残した二人組、Port Said。正体は、国籍不明のアウターワールドの住人S...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Units : Warm Moving Bodies

0円(税込)

Bill Nelsonプロデュースのアルバム『New Way To Move』のシンセポップ路線で一躍大人気となるサンフランシスコのグループThe Units。それ以前の自主制作時代に発表した80年...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Jung Analysts : The Wishing Balloons

0円(税込)

RimarimbaやLeven Signsを育んだ英国発の宅録地下シーンから現れたBerbel Nobodius。正体は、このシーンの仕掛け人であるTerry Burrowsと共にPush-Button Pleasureとして活動し...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Berbel Nobodius : Wanton But Windblown

0円(税込)

RimarimbaやLeven Signsを育んだ英国発の宅録地下シーンから現れたBerbel Nobodius。正体は、このシーンの仕掛け人であるTerry Burrowsと共にPush-Button Pleasureとして活動し...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Henry Kaiser : Guitars

0円(税込)

ジャズでも現代音楽でもなく、アメリカのフォークロアやロックの語法から導き出された即興の道を開き、John Zornらと並んでアメリカ産即興音楽の土台を築い...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

V.A. : Sept Tableaux Phoniques Erik Satie

0円(税込)

『サティの七つの音響絵画』と題して、Natoレーベルに所縁の深い面々が約6分の制限時間の中で銘々勝手な解釈のサティを演じている、架空のサティ楽曲集。ガムラン音楽の響きの作法...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

V.A. : Men Of Ridiculous Patience

0円(税込)

Rik RueとAlessio Cavallaroのプロデュースによる、実験的なラジオ放送企画Cntmprr-ydtns (Contemporary Editions)から編集されたカセットテープコンピシリーズの83年の...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Annette Peacock : Been In The Streets Too Long

0円(税込)

Annette Peacockの危うげに揺れ動く内面世界が投影された通好みの良作が揃う自主レーベル、Ironic Recordsに残された83年作。74年〜83年の未発表曲を一枚の作品に再構築したもの...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Tibor Szemzo : The Last Hungarian Vinyl / Az Utolso Magyar Pvc

0円(税込)

ブダペスト発の特異な実験音楽シーンを導いたTibor Szemző。時間考古学者とも呼ばれるハンガリーの鬼才映画監督Péter Forgacsの依頼で制作された、何処でもない仮想の...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Rudiger Carl + Hans Reichel : Buben

0円(税込)

しゃもじみたいな木片をゴリゴリ奏でるとっても珍妙な創作楽器ダクソフォンや自家製の改造ギターを操り、2011年に亡くなるまでドイツ即興音楽シーンの第一線で活躍し続けた...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Johnny Yen + Lister : Pop Cycles

0円(税込)

ポストパンクの文脈からはみ出す変異種が数多く潜む、80年代オスロ発の地下シーンを象徴する重要人物、ListerことAndré Lister(aka Opoponax/Achmed)。82年に同Oh Yeah!...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Rik Rue : Bend An Ear

0円(税込)

具体音や風景を素材に、謎めいたサウンドオブジェを創り上げるオーストラリアの特殊音楽家Rik Rue。70年代シドニーの地下音楽シーンでJon Roseらと共に頭角を現した人物です...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

The Stupid Set + Enrico Serotti : Hear The Rumble

0円(税込)

フトゥリズモのお国で興った先鋭的なアートパンクショックのお膝元ボローニャから登場したThe Stupid Set。この動きをぶっちぎりで先導した最重要グループConfusional Quart...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Lister : Morten Munk's Glade Dager

0円(税込)

ポストパンクの文脈からはみ出す変異種が数多く潜む、80年代オスロ発の地下シーンを象徴する重要人物、ListerことAndré Lister(aka Opoponax/Achmed)。82年に同Oh Yeah!...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Cluster : Sowiesoso

0円(税込)

Harmoniaでの課外活動を経て発表した76年の四作目。田舎の古民家を改築した自前のスタジオで、わずか2日間で録り上げたというもの。淡い光の印象に覆われた音像、ローファイ...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

The Tom And Marty Band : New Wave Twist

0円(税込)

脱線音楽の経典『SNX 〜明日のポピュラー音楽の昆虫学〜』にも名を連ねていたグループで、Bomis Prendinなどの独自進化変種を生んだ米東部ローカル地下音楽シーンから...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Moisten Before Use: Still No Reply

0円(税込)

インダストリアル以降の動きともリンクする、80年代英国の宅録シーンから登場した端境の住人Clive Richards。手仕事感あふれる切り張りサンプリング工作と、民族音楽の独自解釈か...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

Thee Three Rings : Essentuki

0円(税込)

Bi Nostalgia名義で残した自主カセットテープ作品群が復刻され、アンビエント求道者の間で再発見されているイタリアの電子音楽家Luca Rigato。Bi Nostalgiaの名前で参...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

すきすきスウィッチ : 忘れてもいいよ

0円(税込)

『みんなのうた』と宅録実験の最前衛を斜めに突き抜けた伝説のグループ、すきすきスウィッチ。ニッポンインディーの黎明に現れた異能歌手佐藤幸雄と鈴木惣一郎(aka World...


※試聴と詳細はジャケットをクリック

V.A. : Extremity Exhibition

0円(税込)

脱線気味のエキゾ神秘妄想に、インダストリアル+アンビエント+宅録工作な音響的趣向が反応している謎音楽を生んだグループF:A.R.の仕掛け人、Mauro Guazzottiによる自主レーベ...


※試聴と詳細はジャケットをクリック


前のページへ    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 |    次のページへ





 Robert Minden Ensemble


 Everithing POSH


SHOPPING CART

何点お買い上げでも、全国一律送料600円!!
10000円以上お買い上げで送料無料!
お買い上げの商品は一週間までお取り置き承ります。
詳細はコチラよりお読みください。


←クリックでお会計ページへ


SEARCH



NEW ARRIVAL


お問い合わせ、コンタクト CONTACT(SSL対応)

Feeds

RSS - ATOM

SHE Ye,Ye